ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり編
現在表示しているページの位置です。

婦人科検診

婦人科検診(乳がん・子宮がん)補助

受診対象者 被保険者および被扶養者(年度末現在で満35歳以上の方、任意継続を含む)
検査項目 乳がん (マンモグラフィー、超音波検査のうちいずれか1つ)
子宮がん (子宮頸がん、子宮体がん検査のうちいずれか1つ)
補助金 各上限1,500円(+税)

市区町村が実施する婦人科検診を利用

●本人・被扶養者の方が婦人科検診を受診

市区町村で実施される婦人科検診を受診された方は、自己負担額を補助(上限あり)します。
市区町村実施の婦人科検診を受診後、「婦人科検診利用補助金申請書・請求書」を記入し、受診結果(写し)と本人負担額の領収書(原本)を添付し、会社の健保担当者へご提出ください。乳がんと子宮がんを別日に実施された場合は、別々のご請求でも構いません。

必要書類

●任意継続の方が婦人科検診を受診

市区町村で実施される婦人科検診を受診された方は、自己負担額を補助(上限あり)します。
市区町村実施の婦人科検診を受診後、「婦人科検診利用補助金申請書・請求書」を記入し、受診結果(写し)と本人負担額の領収書(原本)を添付し、健康保険組合に送付ください。乳がんと子宮がんを別日に実施された場合は、別々のご請求でも構いません。

必要書類

人間ドックを利用

●契約医療機関で婦人科をオプション受診

人間ドックの補助金に婦人科検診補助金を上乗せします。
「人間ドック利用申込書」の婦人科検診欄を記入し、事前にご申請ください。検診後(1~2ヵ月後)医療機関より請求が届きますので、健康保険組合から事業所に本人負担額を連絡します。請求があり次第お支払いください。また、受診日の変更・キャンセルされる場合は、健康保険組合にご連絡ください。

必要書類

●契約医療機関で婦人科をオプション受診

人間ドックの補助金に婦人科の補助金を上乗せします。
「人間ドック利用補助金申請書・請求書」に人間ドック結果報告(婦人科を含む写し)、領収書(婦人科を含む原本)を添付し、事後に申請・請求をしてください。また、40歳以上の方は、人間ドック結果報告に質問票が添付されていなければ、質問票を記入し人間ドック結果報告に添付ください。

必要書類

●任意継続の方が人間ドックで婦人科をオプション受診

契約健診機関・契約外健診機関ともに上記のとおりですが、書類の提出は健康保険組合に送付ください。

■契約健診機関用…事前に、健康保険組合に直接申請ください。

必要書類

■契約外健診機関用…事後に必要書類を添付のうえ、健康保険組合に直接申請ください。

必要書類

35歳以上の方は、人間ドック結果報告に質問票が添付されていなければ、質問票を記入し人間ドック結果報告に添付ください。

必要書類

〒541-0051 大阪市中央区備後町2丁目1番8号

野村健康保険組合 保健事業担当宛

℡06-6201-1519